管理者自己紹介

2020年01月12日 16:50

自己紹介

ひまわりの会代表の中島五月です。

私には4人の子どもがいます。

29歳の長男(アスペルガー)、28歳の長女(アスペルガー・ADHD)、18歳の次男(アスペルガー・ADHD)、17歳の三男(自閉症・軽度知的障害)

子どもたちの診断が下りるまでは色々なことがありました。
本が書けるくらい(笑)たくさんのことを経験してきました。
今でこそ笑って振り返ることができますが、幼児期、小中学生のころはとにかく必死で、たくさん悩みました。

あるとき、福岡市で悲しい事件が起きました。
特別支援学級に通う男の子がお母さんの手で命を絶たれてしまったのです。

今ほど発達障害について啓発が進んでいなかったとはいえ、他人事とは思えなくてきっと手にかけないだけで、追い詰められているお母さんがたくさんいるのではないかと思い、そんなとき、隣の校区の公民館で「ひとりじゃないよ」というサークルがあることを知り、参加させてもらいました。
支援学級や支援学校にお子さんが通っている保護者の交流会です。

みんな同じように悩みながらも、おしゃべりしながら日頃の鬱憤を吹き飛ばしていて素敵だな、私の身近にこんなサークルがあったらいいなと感じました。

そこで始めたのがひまわりの会です。

最初はひとり、ふたりの参加でしたが、会を重ねていくうちに人数も増えて、福祉関係の支援者の参加も増えました。

年に数回は講演会や体験会を行ってきました。
そして、みんな打ち解けてきた頃にはオフ会なども企画しました。

ホームページで活動報告が2018年で終わっているのは私が体調を崩してしまったからです。

久しぶりの開催は7月18日の擬似体験会から始めたいと思っています。
福祉関係の方も参加予定です。

たくさんの参加があるといいな。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)